ライティング講座(照明講座)

照明計画資料

景観照明 - 色温度

照明対象物表面の色に応じた色温度の選定も検討項目のひとつです。表4.3に景観照明に用いられる色温度の使い分けを示します。色温度の選択は表5.3を参考にしつつ、色温度と周囲の環境のバランスや光源の特性を考慮して最終的に決定します。

表4.3 景観照明に用いられる色温度の使い分け
色温度 造形 植物 光源の種類 特性
青銅 石材 木材 レンガ 青竹 樹木 噴水 水中 効率 演色性 寿命
2100K                   高圧ナトリウムランプ 非常に高い 低い 非常に長い
使い分けのポイント
高効率で長寿命であり、経済性や保守性に優れている。樹木などの緑が映えないので、経済性優先な場所に適する。
2100K             高演色形高圧ナトリウムランプ 高い 優れる 長い
使い分けのポイント
電球色に近い光色で演色性に優れ、暖かい雰囲気を演出でき、人通りの多い場所に適する。紅葉した樹木に適している。
3000K         ハロゲン電球 低い 優れる 短い
使い分けのポイント
小形で手軽に使用でき、黄・赤味が美しく見える。寿命が短いので保守のしやすい場所で使用。
3000K                 蛍光ランプ(電球色) 高い 高い 長い
使い分けのポイント
高効率、長寿命で演色性も良いので庭園、遊歩道等の低い照明に最適。色温度が低く温かい雰囲気が出せる。
4200K                   蛍光ランプ(白色) 高い 高い 長い
使い分けのポイント
高効率、長寿命で演色性も良く水銀ランプ、メタルハライドランプと色温度が似ているので違和感が少ない。
4200K             メタルハライドランプ 水銀ランプより長い 高い 長い
使い分けのポイント
高効率で演色性も優れているので、人通りの多い大きな広場照明や街路灯などに適している。
4200K       高演色形、メタルハライドランプ 高い 優れる 長い
使い分けのポイント
特に演色性に優れ、人通りが多く、ファッショナブルな広場やモール等に良い。
5000K                   蛍光ランプ(昼白色) 高い 高い 長い
使い分けのポイント
高効率、長寿命で演色性も良く色温度が高く、爽やかな雰囲気が出せる。
2100~5000K LEDランプ 高い 優れる 非常に長い
使い分けのポイント
高効率で非常に長寿命、演色性も良く色温度が高い。様々な場所にマルチに対応可能。

(2020年11月19日入稿)

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ