Home > ニュース > お知らせ > 省エネ法 > 省エネ性能の水準の異なる3つの基準について

建築物省エネ法

注)法令は改正される場合がありますので最新のものでご確認ください。

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律

※『建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)の概要』監修:国土交通省 より引用加工しています。

省エネ性能の水準の異なる3つの基準について

建築物省エネ法において適用される基準は、「エネルギー消費性能基準(省エネ基準)」、「誘導基準」、「住宅事業建築主基準」の3つの基準があります。
基準の判断には、詳細な計算方法又は簡易な計算方法を用いることができます。

エネルギー消費性能基準
[省エネ基準適合義務・適合性判定義務] [届出] [基準適合認定表示]

非住宅

住宅

複合

誘導基準
[性能向上計画認定・容積率特例]

非住宅

住宅

複合

住宅事業建築主基準(案)
[住宅トップランナー制度]

このページの先頭へ