技術資料

LED街路灯 - LEDioc AREA™ TYPE D, TYPE G -

製造統括本部 照明部 商品開発課 宮窪 翔平

キーワード

LED,街路灯,LEDioc AREA™,省エネ

3.特長・機能

3.1 水銀灯400W同等以上の明るさを達成

タイプD,タイプG共に水銀灯400Wと同等以上の明るさを実現することが可能となった。また,明るさを損なわず約70%の省エネを実現する事が出来た。

水銀灯400W器具とタイプDの照度分布図を表3に示す。

表3 照度分布比較

  • AHID400W用街路灯(水銀ランプ400W)(HG5011C+HF400X)
  • Bレディオック エリア タイプD(E5017SA9N)

光源

  • A 水銀ランプ400W
  • B LED

維持平均照度

  • A 7.0ℓx
  • B 7.0ℓx

明るさほぼ同等

  • ※保守率:水銀ランプ400W 0.69/LED 0.63、灯高:4.7m、計算範囲:30m×30m

3.2 適材適所な明かりを提案する事が可能

時間帯や使用する場所に応じた調光制御をする事によってさらなる省エネ化を実現可能となった。

さらに,光色切替えによるイベント時の演出照明として,効果的に景観演出シーンに応じた最適な景観照明を提供する事が出来る。

提案を含む組み合わせを図2に示す。

図2 組み合わせ例 外側リングのみ点灯

外側リングのみ点灯

図2 組み合わせ例 内側グローブのみ点灯

内側グローブのみ点灯

図2 組み合わせ例 白色

白色

図2 組み合わせ例 電球色

電球色

図2 組み合わせ例 青色(特注)

青色(特注)

図2 組み合わせ例 緑色(特注)

緑色(特注)

4.おわりに

今回開発を行ったLED街路灯は水銀灯400W相当の明るさを実現しており,LED街路灯市場においても最高クラスの明るさを確保する事が出来た。しかし,他社からも同等の明るさの街路灯が出て来ている事,LEDの発光効率が向上している事を考慮すると,今後も当社独自の機能を付加させるなど,差別化を図りながらリニューアルしていく必要がある。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第26号掲載記事に基づいて作成しました。
(2012年5月31日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ