Home > IWASAKIテクニカルレポート > 施設報告 > 熊本駅東口駅前 帯山線・交流広場LED照明(2)

施設報告

熊本駅東口駅前 帯山線・交流広場LED照明

国内営業本部 営業技術部 LCS 外山 明代
国内営業本部 東京広域営業所 第二営業課 木川 篤志
国内営業本部 福岡営業所 第三営業課 熊本事務所 西田 智法
国内営業本部 広島営業所 技術課 木村 義裕

キーワード

LED,照明演出,LEDioc防湿形ユニット,熊本駅,帯山線,交流広場

3.設備概要(つづき)

3.2 器具寸法

帯山線の植栽帯は両歩道合わせて9箇所で,各々長さが異なった。植栽帯の長さ・LEDの設置間隔・台座の強度をまとめて検討し,6種類の長さの器具を作成した。(表1,図7)

表1 各寸法と本数
  長さ 本数 LEDユニット数
L=6900型用 4 72(18×4)
L=6000型用 1 15
L=4900型用 1 12
L=4800型用 1 12
L=4000型用 1 10
L=2700型用 1 6

※LEDユニット総数=179台

図7 帯山線照明器具(L=4800型用)

図7 帯山線照明器具(L=4800型用)

交流広場のベンチは,平面図で見ると大きなおにぎりのような形をしており,その曲線に合わせた器具がひとつずつ必要となった。また,ベンチが打ち放しコンクリートだったため,コンクリートの伸縮を考慮する必要があり,コンクリートの目地と合わせて長さを検討した。(図8,図9)

図8 交流広場LED配置図・コンクリート目地位置図

図8 交流広場LED配置図・コンクリート目地位置図





図9 交流広場照明器具(一部抜粋)

4.おわりに

駅前広場つながるこのエリアの景観デザインは非常にシンプルで,自然の緑が映えるようなミニマムなデザイン形態・彩度を抑えた色調が基準とされている。その中で浮かび上がるLEDの白色光は,主張しすぎず周囲の景観に調和し,コンセプトに沿ったランドスケープを形成している。(図10,図11)

図10 帯山線

図10 帯山線

図11 交流広場

図11 交流広場

最後に,本照明設備の完成にあたり,ご指導,ご協力頂いた皆様に感謝の意を申し上げる。

この記事は弊社発行「IWASAKI技報」第26号掲載記事に基づいて作成しました。
(2012年5月31日入稿)


テクニカルレポートに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では内容変更、取扱い中止等がされている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ