Home > 納入事例 > 水浄化処理システム 上水道・簡易水道 > 大橋浄水場紫外線照射装置

納入事例

水浄化処理システム 上水道・簡易水道

大橋浄水場紫外線照射装置栃木県佐野市

水質の安全性確保に万全の対策を講じ、紫外線照射装置を導入

Myリストに追加
  •  
  •  
  • 紫外線照射装置「アイ ウォーターピュア」が設置されている処理棟。

施設概要

施主
佐野市水道局

竣工

2016年3月

栃木県南西部に位置する佐野市は、緑豊かな森林や美しい清流など自然に恵まれた中山間地と、住宅や産業基盤が集積する都市的地域、農業が展開する地域です。市内には、日本名水百選に選ばれた「出流原弁天地湧水」、平将門の討伐で有名な藤原秀郷公が築いたといわれる「唐沢山城」など自然・歴史・文化的財産が各所にあります。佐野市では、2016年3月、大橋町にある大橋浄水場に上水用紫外線照射装置アイ ウォーターピュアを設置しました。

大橋浄水場は5つの井戸水を水源としています。一般的に井戸水は年間を通して水質の変動もなく良質な水ですが、万が一に備えてクリプトスポリジウムなどの耐塩素性病原生物の不活化に効果を発揮する紫外線照射装置を導入したものです。薬品に頼らないクリーンな消毒装置であり、維持管理も容易であることなどの特徴を考慮の上、導入しました。施設では、水質基準に適合していることを確認するため、定期的に水質検査をして適切な水質管理を行い、安心・安全な水の確保に努めています。

このページの先頭へ