Home > 納入事例 > 水浄化処理システム 上水道・簡易水道 > 長野浄水場紫外線照射設備

納入事例

水浄化処理システム 上水道・簡易水道

長野浄水場紫外線照射設備三重県度会郡大紀町

水質の安全性確保に万全の対策を講じ、紫外線照射装置を導入

Myリストに追加
  •  
  •  
  • 耐塩素性病原生物の不活化に効果を発揮する「アイ ウォーターピュア」が2台設置されている。

施設概要

施主
大紀町 環境水道課

竣工

2017年3月

大紀町は三重県の中南部に位置し、東部及び南部は紀伊山脈の分水嶺を境として東部は度会町、南は南伊勢町、紀北町に接し、西部及び北部は大台町と隣接しています。総面積の91%を山林が占める農山漁村地域であると同時に、世界遺産に登録されている熊野古道「ツヅラト峠」をはじめ、さまざまな伝統文化が脈々と引き継がれている地でもあり、海と山の幸に恵まれ、四季折々の彩りが楽しめる魅力溢れる町です。

大紀町では2017年3月、長野浄水場に上水用紫外線照射装置「アイ ウォーターピュア」を設置しました。一般的に井戸水は年間を通じて水質の変動もなく良質な水ですが、万が一に備えて耐塩素性病原生物の一種であるクリプトスポリジウム等対策に有効な紫外線照射装置を導入したものです。「アイ ウォーターピュア」は薬品に頼らないクリーンな消毒装置であり、維持管理も容易であることなどを特徴としています。施設では水質基準に適合していることを確認するため定期的に水質検査を行い、安心・安全な水道水の水質管理に万全を期しています。

このページの先頭へ