Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 サッカー > 鴨川市総合運動施設 サッカー場

納入事例

スポーツ施設照明 サッカー

鴨川市総合運動施設 サッカー場千葉県鴨川市

「レディオック フラッド デュエル」で人工芝のピッチを照らし光害にも配慮した良好なナイター照明を実現

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 全6基設置されているナイター照明がプレーに最適な視環境を提供し、十分な照度を確保している。

施設概要

施主
鴨川市 教育委員会 スポーツ振興課
設計
(株)千都建築設計事務所
施工
青木総業(株)
電気工事
(株)小磯電気工業

竣工

2016年3月

お客さまの声:(株)千都建築設計事務所様

鴨川市太尾にある鴨川市総合運動施設は、陸上競技場、文化体育館、野球場、ソフトボール場、サッカー場など充実した施設が揃っている総合運動施設です。鴨川市では、近年のサッカー人口の増加や地元の女子サッカーチーム・オルカ鴨川FCの「なでしこリーグ2部」昇格など、サッカー人気の高まりに対応する施設提供を目的として、2016年3月、サッカー場の改修施設を実施しました。人工芝化、防球ネットの設置とともに夜間照明設備を新設。

105m×68mの広さのフィールドを照らす夜間照明設備については、省エネ推進と環境への配慮からLED照明を採用しました。1基につき高出力形LED投光器「レディオック フラッド デュエル」を8台使用した照明塔を6基設置し、平均照度は150ℓx(レクリエーションレベル)としています。周辺に田園が広がる地域にあるため、光害にも十分留意の上、人工芝のピッチを明るく照らし、均斉度の高い良好な照明環境をつくることが出来ました。

以前は午前8時半から午後5時までだった利用時間も午後9時まで延長され、地域の少年サッカーチームや市内外のサッカークラブの練習場としてなど、広く利用されています。

主な納入器具

このページの先頭へ