Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 体育館・トレーニング場 > 横浜市旭スポーツセンター第1・第2体育室

納入事例

スポーツ施設照明 体育館・トレーニング場

横浜市旭スポーツセンター第1・第2体育室神奈川県横浜市旭区

明るさを向上させるとともに利便性を高め、公共のスポーツ施設を効率良く快適に照らし出す

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • バスケットボールコート2面の広さを持ちさまざまなスポーツが行われる第1体育室。高効率・高演色性のセラミックメタルハライドランプの光で均斉度の高い照明環境をつくり出す。

施設概要

施主
横浜市建築局
電気工事
協栄電設(株)

竣工

2012年3月

横浜市の旭区にある横浜市旭スポーツセンターは、第1体育室、第2体育室、第3体育室の3つの体育室とトレーニング室、研修室などを持つスポーツセンターです。第1体育室はバスケットボールコート2面分、第2体育室は1面分の広さを持ち、バドミントン、バレーボールや卓球などさまざまなスポーツを行うことができます。第3体育室はダンスや空手道、体操などに利用されています。横浜市では、既設照明の老朽化に伴い第1・第2体育室の照明設備改修工事を実施し、照明器具及び安定器の更新を行いました。既設照明と同じ容量で効率を上げるため、高効率・高演色性のセラミックメタルハライドランプを光源とするHID高天井用照明器具 アイ エジホー(広照形)を設置し、爽やかな光で均斉度良く空間を照らしています。

また、これまで点灯・消灯は各体育室に直接行ってスイッチの入り切りを行なっていましたが、照明制御盤を新設し事務室で照明を一括管理することができるようになりました。設定照度は第1体育室1,000ℓx、第2体育室500ℓxで、用途に合わせて照度を自在にコントロールし、ランプの消耗を均等になるように考慮しつつ省エネを推進する快適な照明環境をつくり出しています。

主な納入器具

  • 高天井用照明器具 アイ エジホー

    広照形1KW用 - 40台

    広照形400W用 - 40台

  • 照明制御盤(ITACSコントロールシステム) - 1セット ほか

このページの先頭へ