納入事例

スポーツ施設照明 体育館

双葉総合体育館滋賀県米原市

地域密着型の施設として誕生した総合体育館を省エネに貢献する光で明るく安全に照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  • HID
  • 床面積約1,240平方メートルでステージ付の大アリーナ。FECセラルクスエースPRO 360Wと配光可変形セード、アイ エジホーを組み合わせ、省エネを推進する照明環境を実現している。

施設概要

施主
米原市
設計
(株)環境空間設計
電気工事
伊吹電業(株)
建築工事
(株)澤村

竣工

2013年3月29日

お客様の声:伊吹電業(株)/安田 金次

米原市では、旧双葉体育館とプールを取り壊し、2013年3月、跡地に新たに双葉総合体育館を竣工しました。中学校体育館としての機能と、市民の皆様の健康づくり、生涯スポーツにご利用いただける社会体育施設としての機能を併せ持つ地域密着型の新体育館として建設されたもので、鉄筋コンクリート造平屋建て、延べ床面積は2,560m²。バスケットボールコートが2面とれる大アリーナとバレーボールコートが1面とれる小アリーナ、レクリエーションルーム、ミーティングルームなど充実した施設を備えています。大アリーナと小アリーナの照明設備については、高効率で長寿命のFECセラルクスエースPROを採用し、大幅な省エネと高演色性を実現しました。併置形安定器と電動昇降装置の組み合わせでメンテナンスにも配慮しています。さらに、保安照明として、始動性の高いLED高天井用照明器具「レディオック ハイベイ ラムダ」を採用し、安全で快適な視環境の創出を図りました。

主な納入器具

このページの先頭へ