Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 体育館・トレーニング場 > 武田テバオーシャンアリーナ

納入事例

スポーツ施設照明 体育館・トレーニング場

武田テバオーシャンアリーナ愛知県名古屋市港区

TV撮影なども考慮した照度設定で効率よく鉛直面照度を確保

Myリストに追加
  •  
  • HID

施設概要

施主
大洋薬品工業(株)
設計
堀内・安井設計共同企業体
施工
鹿島建設(株)名古屋支店
電気工事
川北電気工事(株)
設計監修
エーアンドイー設備設計室

武田テバオーシャンアリーナは日本初のプロフットサルクラブ「名古屋オーシャンズ」のホームグラウンドとして2008年6月にオープンしました(愛知県名古屋市港区)。
アジア初のフットサル専用アリーナであり、外観はコロシアムをイメージし、メインアリーナには国際規格である20m×40mのフットサルコートが1面配置されています。観客席はコートに近接して配置されているため、迫力のあるプレーを間近に感じながら観戦することができます。その他にもサブアリーナ、プレスルーム、レストランやオフィシャルショップなども併設され、選手にも観客にも魅力的な設備が整っています。

主な納入器具

このページの先頭へ