Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 グラウンド > 室戸市中央公園 グラウンド

納入事例

スポーツ施設照明 グラウンド

室戸市中央公園 グラウンド高知県室戸市

太平洋を一望できる絶好のロケーションに位置する公園のグラウンドにLED光源のナイター照明を設置し、省エネに配慮した快適照明環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 美しい夕景を背景に、大幅な省エネを実現する高出力LED投光器レディオック フラッド デュエルでグラウンドを快適に照らし出す。

施設概要

施主
室戸市
設計
(株)宮崎測量設計コンサルタント
施工
(有)川崎電機商会

竣工

2015年3月

お客さまの声:室戸市 生涯学習課様

高知県の東南部に位置する室戸市は、太平洋に突出した日本八景の室戸岬を中心に東西53kmの海岸線を有する、豊かな自然に恵まれた街です。室戸市中央公園は、太平洋を望む小高い丘の中腹にあり、多目的グラウンド、テニスコート4面、相撲場など充実した施設が揃っています。野球やグラウンドゴルフ、ゲートボール、ミニサッカーなどさまざまなスポーツにご利用いただける多目的グラウンドは、これまでナイター照明がなく薄暮以後は使用できなかったため、今回、日本スポーツ振興センターの地域スポーツ施設整備助成(スポーツ振興くじ助成)を受けて照明事業を実施し、地域における身近なスポーツ施設の整備促進を図りました。

新たに設置したナイター照明には、省エネ、長寿命を特長とし、瞬時点灯・再点灯が可能なLED投光器レディオック フラッド デュエル 650Wを採用し、5灯用のコンクリート柱を4基設置。設計照度は300ℓxで、夜間も市民の皆様が快適にスポーツを楽しむことができる照明環境を提供しています。室戸市では、昨年、公立高校では全国初の女子硬式野球部として誕生した高知県立室戸高校女子硬式野球部を市民一体となって応援しており、部員達の練習グラウンドとしても使用されています。県外からの新入生も増え、今後の活躍を期待するとともに、ナイター照明を備えた充実のスポーツ施設環境を整えることで、地域活性化の一助となることを願っています。

このページの先頭へ