Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 野球場 > 花咲スポーツ公園 硬式野球場(スタルヒン球場)

納入事例

スポーツ施設照明 野球場

花咲スポーツ公園 硬式野球場(スタルヒン球場)北海道旭川市

北海道初のプロ野球公式戦屋外ナイトゲームに対応したナイター照明

Myリストに追加
  • LED
  • HID
  • プロ野球公式戦に対応するナイター照明全点灯時の野球場全景。

施設概要

施主
旭川市
設計
(株)石本建築事務所
施工
A工区

東邦・新栄・稲井共同企業体

B工区

西山坂田・第一・大栄共同企業体

C工区

大東・石森・たかでん共同企業体

竣工

2013年5月

お客様の声:旭川市都市建築部 設備課/原 和裕様

旭川市の花咲公園内にある硬式野球場は、プレーグランド面積13,300m²、両翼95m、センター120m、収容人数25,000人(内野10,000人・外野15,000人)という規模を誇り、旭川出身の大投手の名前にちなみスタルヒン球場という愛称で親しまれています。これまではナイター照明がなかったため、デーゲームで年間数試合のプロ野球を開催していましたが、2013年5月にナイター照明設備を設置。6月2日にはナイター照明点灯式とともに、北海道内初となるプロ野球の屋外ナイトゲーム、北海道日本ハムファイターズ対横浜DeNAベイスターズ戦が開催されました。北海道内のプロ野球公式戦が開催可能な野球場でナイター照明設備を備えているのは、屋外野球場としては初めてとなります。照明方式はJIS規格の6基制配置で、設計照度は全点灯時においてプロ野球開催可能なバッテリー間2500ℓx、内野2000ℓx、外野1200ℓxとしています。

投光器は夜空の明るさへの影響、漏れ光に配慮の上、全て内蔵ルーバタイプとしました。また、ランプは、テレビ撮影を考慮して高効率形メタルハライドランプと高演色形メタルハライドランプの混光照明とし、平均演色評価数Ra80以上を確保しました。
点灯パターンはプロ野球点灯から保守点検点灯まで全7パターンとし、幅広い用途に対応しています。保安照明にはLED190W投光器を用い、36台で全点灯時の約1%を確保。LED光源のため、瞬時点灯・再始動が可能で保安照明として最適な投光器となっています。磁気反転式表示装置のスコアボードも、ナイター開催時の視認性向上のためにメタルハライドランプ1000W投光器×10台で照射しています。道北エリアのスポーツ振興を目的としてナイター照明設備を設置したことで、新たな観戦文化が生まれることに期待するとともに、高校野球やイベントなど、地元の皆様に広くご活用いただけるよう願っています。

主な納入器具

このページの先頭へ