Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 野球場 > 大沢総合グラウンド

納入事例

スポーツ施設照明 野球場

大沢総合グラウンド東京都三鷹市

様々なスポーツを楽しむことが出来る総合グラウンドをLED照明で照らし、良好なナイター照明環境を実現

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 超広角、広角、中角配光の「レディオック フラッド デュエル 830Wタイプ」を組合せて設置し、環境に配慮しつつ内野300ℓx以上、内野200ℓx以上を確保している。

施設概要

施主
三鷹市
設計・施工
長谷川体育施設(株)
電気工事
大和エンジニアリング(株)
竣工
2018年3月

大沢総合グラウンドは、調布飛行場のすぐそばに位置する三鷹市の大型総合スポーツ施設です。野球場2面、サッカー兼ラグビー場1面、人工芝のテニスコート6面、ソフトボール兼少年野球場2面、新設の多目的スポーツ広場2面など充実した設備を備え、様々なスポーツを楽しむことが出来る施設として広く親しまれています。また、隣接して味の素スタジアムや武蔵野の森公園などもあり、市民の憩いの場となっています。

今回の整備では、野球場(B面)、サッカー兼ラグビー場、テニスコート、多目的スポーツ広場に夜間照明設備を設置し、利用時間が拡充されました。ナイター照明設備として、野球場、ラグビー場、テニスコートにはLED投光器「レディオック フラッド デュエル」を、多目的スポーツ広場にはLED投光器「レディオック フラッド スポラート」を設置し、高効率、高出力、長寿命のLEDの光で省エネに貢献しつつ、快適なナイター照明環境をつくりました。各施設はJIS Z 9127で定められている区分Ⅲの照度基準に基づいて照明設計が行われており、夜間活動に適した照明環境を実現しています。

また、近隣の住宅や国立天文台の観測環境にも十分配慮の上、LED投光器の配光角は超広角、広角、中角を組合せるなど、周辺への漏れ光を抑えた照明計画を立案しました。

このページの先頭へ