Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 ライトアップ > ヴィナシス金町 カリヨンアート

納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

ヴィナシス金町 カリヨンアート東京都葛飾区

新しい街並みのシンボルアートを効果的に演出するLEDの光

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • ヴィナシス金町のシンボルアートとして設置されたカリヨンアート。

施設概要

施主
金町六丁目地区市街地再開発組合
施工・電気工事
ナスエンジニアリング(株)
アートコーディネート
(株)アートフロントギャラリー

竣工

2009年10月

お客さまの声:(株)アートフロントギャラリー/飛田 洋二 様

JR常磐線金町駅前の施工区域面積約12,000平方メートルという広大な駅前区画で進められていた「金町六丁目地区第一種市街地再開発事業」に伴い、2009年6月、「ヴィナシス金町」が誕生しました。地上41階建て、高さ138mの超高層タワーで、スーパーマーケットやショッピングモール、図書館、クリニック、マンション等を内包した複合施設となっています。この「ヴィナシス金町」のメインエントランス付近、北側広場にパブリックアートとしてカリヨンが設置されました。日本語で組み鐘と訳されるカリヨンは、調律された複数の鐘でメロディが演奏出来るものをいい、発祥は14世紀のベルギー、オランダに遡ります。金町という地名、また再開発地区に隣接し、ベルシティとして地域の方々に親しまれてきた南口のすずらん通り商店街にちなむ、新しい街並みのシンボルアートです。周りの景色が映り込む鏡面仕上げのカリヨンアートは、周辺に威圧感を与えないすっきりとしたデザインで、鐘の部分はオランダ製、それを制御するコンピュータはベルギー製となっています。

鐘は12あり、季節・時間等によりプログラムされた楽曲が、正時ごとに光の演出とともに奏でられます。また、夜間には曲に合わせて赤・白・青に変化するLEDの光が浮かび上がり、より効果的にカリヨンアートの魅力を映し出しています。

主な納入器具

  • LED特注器具 - 1式

このページの先頭へ