Home > 納入事例 > 商業施設照明 商店街 > 厚木なかちょう大通り商店街

納入事例

商業施設照明 商店街

厚木なかちょう大通り商店街神奈川県厚木市

自然エネルギーを活用した街路灯が街をやさしく照らし出す

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 高圧ナトリウムランプの暖かみのある光でメインストリートをやさしく照らし出す。

施設概要

施主
厚木なかちょう大通り商店街振興組合

竣工

2003年2月

厚木なかちょう大通りは小田急線本厚木駅に近く、バスセンターもある厚木市のメインストリートです。

2003年2月に街路灯の老朽化に伴い、太陽光と風力を組合せたハイブリッド太陽灯を新しい街路灯として導入、駅から続く商店街への道に12基設置しました。自然のエネルギーを活用したハイブリッド太陽灯は環境保全・省エネルギーに貢献するクリーンな照明器具です。

光源についても従来の水銀灯から、高圧ナトリウムランプに変更することにより省エネが図られました。また、12基の内6基はブロードバンド無線によるLED電光掲示板付として街や商店街の情報を表示すると同時に、災害時には市民への情報伝達にも使用でき、防災面でも役立つシステムとなっています。

主な納入器具

  • ハイブリッド太陽灯(高圧ナトリウムランプ35W+FECサンルクスエース110W) - 12基

このページの先頭へ