Home > 納入事例 > 商業施設照明 商店街 > 福岡天神 新天町サンドーム

納入事例

商業施設照明 商店街

福岡天神 新天町サンドーム福岡県福岡市中央区

「太陽と風」をテーマにしたアーケードを快適に照らし出す照明計画

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 東側のカーテンウォールには、白色Hf32W蛍光灯器具を使用したコープ照明と、アーチの輪郭を強調する白色系LEDによるライン照明が設置され、構造の特長を効果的に見せている。

施設概要

施主
新天町商店街商業協同組合
施工
(株)竹中工務店
電気工事
(株)平和電興
設計・監理
(有)安田建築設計+総合計画(佐藤賢幸)
照明計画基本構想
(株)トミタ・ライティングデザイン・オフィス
構造設計
(株)織本構造設計
施工協力
(株)日米アートム・(株)MURASE

竣工

2008年4月

福岡市随一の商業地区・天神に位置する新天町に、2008年4月、開閉式のアーケードが誕生しました。日本一の大きさを誇る時計塔のある商店街として親しまれてきた、歴史ある新天町商店街の60周年記念事業という位置づけのもと、2006年にアーケード建設が計画され完成したものです。

設計にあたっては、賑わいのある天神の街にふさわしいアーケードとなるよう、新天町一帯を一つの舞台と見て周辺の施設と調和し、かつ独自性のあるデザインをコンセプトとしました。「太陽と風」をテーマに、光が降り注ぎ、風が吹き抜けるアーケードは、ソーラーパネルを設置してドーム内照明などの電力を賄うほか、屋根には遮熱効果のある塗装を施して自動散水装置を取付け、電力負荷を下げる工夫をするなど、省エネルギーと環境に十分配慮した施設となっています。

照明については、基本的に東側壁面梁部とアーチ上部のキャットウォークに照明設備をまとめて設置する手法とし、アーケード全体を舞台と見立てたデザインコンセプトに呼応できる照明計画を立案しました。時計塔を中心とした壁面と屋根面を高効率・高演色性のセラルクス150Wでライトアップ、東側のカーテンウォールには、下側からやわらかく照射する蛍光灯器具を使用したコープ照明、またアーチの輪郭を強調する白色系LEDによるライン照明を配し、良好な視環境をつくり出しています。

主な納入器具

  • 投光器 アーバンアクトβ(セラルクス 150W/3200K) - 32台

  • 投光器 アーバンアクトβ ポケット(セラルクスT(G12口金形)70W/3200K) - 12台

  • トラフ形照明器具(アイ 蛍光ランプ32W) - 40台

このページの先頭へ