Home > 納入事例 > 商業施設照明 商店街 > 三田商店街(三田通り)

納入事例

商業施設照明 商店街

三田商店街(三田通り)東京都港区

東京タワーのライトアップと連動する光で商店街の街路をより魅力的に演出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 札の辻側より東京タワー方向をのぞむ街路夜景。

施設概要

施主
三田商店街振興組合
設計
三田商店街振興組合 岩崎電気(株)

竣工

2017年10月

お客様の声:三田商店街振興組合 理事長/山本 和美様

三田商店街は、東京都港区の三田エリアに位置し、東側に隣接する芝との境界線になる国道1号線(通称:桜田通り)沿いにある商店街です。ビジネス街と住宅街が混在し活気に溢れたこの街は、街路の美しさを魅力の一つとしています。カラータイル化された歩道には植栽が並び、北側にそびえる東京都のシンボルである東京タワーを眺めながら、ゆったりと買い物や散策を楽しんでいただけます。2017年10月現在、三田商店街振興組合の加盟店数は79店舗で、夏の三田納涼カーニバルや冬の歳末ビッグプレゼントなど、年間を通して様々なイベントを開催し、地域の方々をはじめ多くの皆様に親しまれています。

三田商店街振興組合では、この度、港区が行っている「商店街変身戦略プログラム」事業の指定を受け、「東京タワーをのぞむ商店街として三田商店街の賑わい・認知度を高める」をコンセプトに、街路灯を活用した「街路灯変光システム」を開始しました。通りに設置されている街路灯56基の丸グローブの光源をフルカラーLEDに交換し、カラー設定プログラムで制御することで、各種イベントや東京タワーのライトアップとコラボレートしたライティングを可能にしました。「あかりの日」でもある2017年10月21日にライトアップイベント(点灯式)を予定していたため、決定から施工までの期間が非常に短かったのですが、岩崎電気ご担当者の皆さんに全面的に協力していただき、無事完成することが出来ました。今後は第二期工事として、高圧ナトリウムランプを使用している歩道照明用の光源もLED化する予定です。夜間、東京タワーから赤羽橋交差点付近の桜田通りを見ると、その姿が東京タワーのような形となっていることから、もう一つの東京タワーとも言われていますが、今回のライトアップ開始で、この街がより華やぎを増し、新たな観光スポットとして賑わっていくことを願っています。

Link-Coreを用いた照明設計について
三田商店街の既設歩道照明は、歩道照明用に「パズー(FECサンルクスエース)」、景観用に丸グローブ(アイ水銀ランプ)を使用した2灯用照明柱でしたが、今回の「街路灯変光システム」を行うにあたり、丸グローブの光源をフルカラーLEDに更新しました。既設設備を流用するため通信線が無いことから、全体を連動させた演出を行うためにはスケジュール管理が出来る年間プログラム機能のあるコントローラが必要となり、弊社のIoT・新規事業推進室で開発したコントローラ「Link-Core」をご採用いただきました。ボードPCを内蔵し、タイマー機能を持ち、DMX演出を行うことが出来ることを特長とする「Link-Core」は、時刻修正やデータの書き換えを無線で容易に行うことが出来ます。演出の色は三田商店街様より東京タワーの演出パターンをご指示いただき、フルカラーテープライトを使用して年間の演出プログラムを提案しました。使用する色は、既設照明灯が車道の横に設置されていることより、信号機と見間違うことが無いように所轄警察署と現地協議を行った上で決定しました。

主な納入器具

  • Link-Core連動照明器具

  • 道路灯 PAZU(パズー)(FECサンルクスエース110W)

  • デザインポール - 41灯

    ※PAZUとデザインポールは2003年竣工

このページの先頭へ