納入事例

商業施設照明 駅・鉄道関連

JR青梅線 東中神駅東京都昭島市

魅力的な街づくりが進むエリアの駅ホーム照明をLED化し、省エネに貢献しつつ、より安全な視環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • マンションが隣接するホームを照らす「レディオック ロード エス」は拡散グローブ仕様でグレアを軽減させながら空間の明るさを確保している。

施設概要

施主
東日本鉄道旅客(株)
設計
東日本鉄道旅客(株)八王子支社 八王子電力技術センター
施工
日本リーテック(株)

竣工

2018年3月

お客様の声:東日本鉄道旅客(株)八王子支社 八王子電力技術センター様

東京都昭島市と東日本旅客鉄道株式会社はJR青梅線・東中神駅の橋上駅舎化・自由通路整備工事を実施し、2018年3月より全面供用を開始しました。

現在、駅周辺では市が東中神駅周辺地区都市再生整備計画を推進中で、駅北側に位置する米軍基地跡地においては、国・都・市・民間が機能や業務・商業機能等の導入を図り、緑豊かなまちづくりを実現するための計画が進んでいます。橋上駅舎と自由通路の完成により、地域の方々にとって使いやすく、バリアフリーにも配慮した交通結節点を担う駅が誕生しました。これまでは臨時改札のみだった北口にも改札口が出来、利便性も向上しています。

今回の橋上駅舎化については、断熱性に優れた屋根材やLED照明を採用するなど環境面にも十分配慮しており、ホーム照明も既設水銀ランプに替えてLED道路灯「レディオック ロード エス(歩道照明用配光)」に更新しました。ポールの色はシックな色味を基調としている駅舎に合わせたダークブラウンの指定色としています。長寿命で省電力のLED照明に更新したことで省エネを実現するとともに、近くにマンションがあるため昼間も点灯しているホームは、ドアの開け閉めを行う際も明るくなり見やすくなったと乗務員から好評で、お客様の安全性の向上にも貢献していると考えています。

主な納入器具

このページの先頭へ