太陽電池(PV)開発・製造

基礎研究開発

アイ スーパーUVテスター

紫外線は劣化の最大要因です。紫外線による劣化促進性をさらに強化し、なおかつ、屋外暴露と同様の物性変化をつくりだします。小型のため、プラスチックをはじめ、塗料、インキ、顔料、繊維などの研究・開発試験段階に最適な試験機です。

項目 SUV-W261 SUV-W161
照射範囲 200mm×800mm 190mm×422mm
光源 メタルハライドランプ
紫外線強度 150±8mW/cm²
放射照度場所ムラ ±10%以下
温度コントロール
(BP:ブラックパネル)
+50℃~+85℃(照射時)
+35℃~+75℃(休止時)
湿度コントロール 40%RH~70%RH(照射時)BP 63℃時
50%RH~90%RH(休止時)BP 50℃時
シャワー 照射中、結露前後、休止前後に可能

特長

  • 促進倍率はウェザーメーターの10倍以上。高照度紫外線の均一な照射により、正確でスピーディーな、耐候性評価が行えます。
  • 照度分布は均一。しかも出力調整機構内蔵で紫外線のコントロールも自在です。
  • 波長295nm以下をカット。太陽光に無い波長による悪影響をなくしました。

このページの先頭へ

カタログで詳しく見る

屋外暴露10年分を約1000時間で再現できる驚異的な促進性を持つ「アイ スーパーUVテスター」と、屋外暴露と高い相関性を持ち各規格で標準的な耐候性試験機である「アイ スーパーキセノンテスター」をご紹介しています。

促進耐候性試験機 アイ スーパーUVテスター/アイ スーパーキセノンテスター

詳しい資料を請求


※Internet Explorerをご利用の場合、PDF閲覧に不具合が生じます。
Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど、最新のブラウザをご利用ください。


光に関するお悩み、なんでもご相談ください。

光を利用した様々な環境試験はお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。

岩崎電気 光・環境営業部

東日本 03-5846-9029
西日本 06-4790-8943

このページの先頭へ