ライティング講座(照明講座)

照明経済と保守計画

照明経済 - 経済年限

(1)照明器具の耐用年限

一般的な使用条件のもとで安全性及び経済性を考慮に入れた耐用年限を表1.10に示します。LEDを長時間使用すると、経年劣化による発火/発煙/感電などの原因になるため、長くても15年間まで計算します。

表1.10 耐用年限
適正交換時期 8~10年
耐用の限度 15年
  • (注記1)この表における適正交換時期及び耐用の限度の年数は、施設で使用する場合は1日10時間・年間3000時間の点灯を基準とする。
  • (注記2)LEDモジュール寿命のみを表示した場合、照明器具の耐用年数の取り扱いはLEDモジュール寿命に関わらず、一般用照明器具と同様とする。LEDモジュール寿命はLEDモジュールと制御装置を組み合わせたものとする。
  • (注記3)一般的使用条件と異なる場合、耐用年限は表1.10より短くなることがある。

(参考文献 (一社)日本照明工業会:ガイド111 建築物等に設置する照明器具の耐用年限(2012))

(2020年11月19日入稿)

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ