ライティング講座(照明講座)

照明経済と保守計画

照明経済 - 年間電力費

年間電力費は、次の式により求める事ができます。

年間電力費=消費電力(kW)×数量(台)×年間点灯時間(h)×電気料金(円/kWh)

(1)消費電力

白熱電球、ハロゲン電球、電源内蔵形LEDランプ及び一体形LED照明器具は、消費電力そのままで計算できますが、電源別置形LEDランプ、蛍光ランプ及びHIDランプは、安定器損失分も含めて消費電力とします。LEDによく見られる初期照度補正機能付の照明器具は、消費電力が年々変化していくので、消費電力の平均値を用います。

(2)年間点灯時間

施設によって点灯時間は種々ですが、特に指定がない場合は表1.4を採用してください。

表1.4 年間点灯時間
使用場所 年間点灯時間
グラウンド 600(3時間/日)
体育館/会議室 1500(5時間/日)
住宅(居間) 2000(5.5時間/日)
事務所/店舗/工場(一般) 3000(10時間/日)
道路 4000(11時間/日)
工場(2交替) 5000(17時間/日)
工場(全日操業) 8000(24時間/日)

(参考文献 (一社)日本照明工業会:ガイドA139 電力料金および年間点灯時間の表示に関するガイドライン(2020))

(3)電気料金

電力会社、契約種別、使用電力量によって異なりますが、経済計算に用いる電力料金は、表1.5を採用してください。

表1.5 電気料金
非住宅用照明器具 25円/kWh(税抜)

(参考文献 (一社)日本照明工業会:ガイドA139 電力料金および年間点灯時間の表示に関するガイドライン(2020))

(2020年11月19日入稿)

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ