ライティング講座(照明講座)

照明関連の計算法

配光特性の見方・使い方 - ビーム特性

(1)1/2(1/10)ビームの開き(角度)

図4.8 1/2(1/10)ビームの開きの考え方

光の広がり方を知る目安となる指標でランプ単体(1/2ビームの開き)、投光器・スポットライト(1/10ビームの開き)の特性を表すのに使用されます。最大(直下)光度の1/2(1/10)の光度になる2点の光中心に対する角度をいいます(図4.8)。

(2) ビーム効率

ビーム効率は、ビームの開き(角度)の円錐内に入る光束を、ランプ光束に対する割合で表したものです。なお光源の交換を行わない一体型LED照明灯具は定格光束に対する割合で表しています。

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ