Home > ニュース > ニュースリリース > 2020 > レーザー投光器「LAXIS」、照明学会 照明技術開発賞を受賞

レーザー投光器「LAXIS」、照明学会 照明技術開発賞を受賞

2020年6月11日

レーザー投光器「LAXIS(ラクシス)」
レーザー投光器「LAXIS(ラクシス)」

岩崎電気株式会社は、大阪大学のご指導のもと開発した、レーザー光源を用いた超狭角投光器「LAXIS(ラクシス)」にて、一般社団法人照明学会主催の第18回(2020)照明技術開発賞を受賞いたしました。

照明技術開発賞は、優れた機能、性能、省エネ性を持つ光源、器具、制御システムなどの開発、従来の方式に対する著しい改善、あるいは全く新しい創意に基づく設計手法、製造技術の開発などを行い、社会に多大な貢献が期待される業績を顕彰するものです。

照明技術開発賞の受賞は、「FEC(電子式スタータ)内蔵セラミックメタルハライドランプの開発」(第3回)以来、2度目となります。

主な特長

「LAXIS」は、レーザーの持つ、強力で直線的な光エネルギーを応用し、少ない消費電力で狙ったところに効率よく光を届ける、当社初のレーザー光源を用いた照明器具です。

レーザー光の特性を生かした超狭角配光

新たに独自設計した配光制御により、サーチライト(探照灯)のような狭角配光性能(1/2ビームの開き1.2°)を実現。

レーザー投光器の配光

LED投光器の配光

レーザー投光器(左)とLED投光器(右)の配光比較

1/4の消費電力で強力スポットライト効果

一般的な1000Wキセノンランプ用サーチライトと同等の光度1800万cdを、わずか1/4以下の消費電力236W(200V時)で実現。

長寿命10000時間

光源寿命は10000時間(光束維持率70%)。一般的なキセノンランプの寿命(600~1000時間)と比較して10倍以上。

安心して使用できる安全基準準拠と安全装置を内蔵

レーザー光源を用いていますが、照射光はレーザーではなく、蛍光体を励起した白色光源を使用した「クラス1 レーザー製品※1」。
投光器には安全装置を搭載。万が一、器具に異常があった場合、安全機能により点灯しない設計で、レーザー光が器具外に誤照射されることを防止。


遠方も照射可能

受賞者

  • 岩崎電気株式会社
  • 国立大学法人大阪大学

※受賞者の個人名は省略しています

  • ※1 本製品は、IEC 60825-1:2014(Third Edition)に適合したレーザー製品です。
  • ※可視光半導体レーザー応用コンソーシアム 安全に関するガイドラインED2に準拠しています。

ニュースリリースに掲載されている内容(サービスの内容、商品の価格や仕様など)は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点では内容が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ