Home > ニュース > ニュースリリース > 2013 > 車載カメラによる簡易路面輝度測定システム『eLscope (エルスコープ)』を発売

車載カメラによる簡易路面輝度測定システム『eLscope (エルスコープ)』を発売

2013年10月1日

岩崎電気株式会社

『eLscope』ソフトウェア

岩崎電気株式会社は、簡易路面輝度測定システム『eLscope (エルスコープ)』を10月2日より発売します。

『eLscope』は、車載カメラで対象区間を走行しながら撮影した動画データをもとに、道路やトンネルの視環境を配慮した明るさ「路面輝度※1」を簡易的に測定する※2システムです。

これまでの多くの道路照明設備への実績や現場の声から、設置後も良好な照明環境を維持することの重要さ、維持管理の負担を配慮し、「QUAPIX(クオピクス)」(光環境評価システム)の技術を活かして、より手軽に測定することを提案・サポートするソフトウェアを開発しました。

道路・トンネルなど、様々な施設において保守管理の重要さが見直される折、従来、作業時の交通規制による渋滞の発生、測定に要する時間と作業員の確保など、確認作業は大きな負担となっていました。

新開発の『eLscope』は、動画データから「路面輝度」を簡易的に測定できるだけでなく、路面輝度分布や平均路面輝度グラフの作成や、ランプの不点検知を行う機能を備えており、動画を撮影した範囲の路面を俯瞰的に見ることができます。

さらに、グラフは数値として出力できるため測定結果の比較がしやすく、経年劣化などの明るさの変化を把握することができ、道路の照明設備の維持管理に大きく貢献します。

  • ※1:路面輝度:道路照明における障害物は、一般的に明るい路面を背景として、黒いシルエットとして視認されます。そのため、障害物を視認できる適切な路面の明るさ(路面輝度)を確保する必要があります。
  • ※2:フロントガラスや動画撮影時の被写体ブレなどの影響が含まれる簡易測定であるため、「道路照明施設設置基準」記載の照明施設施工後の性能確認検査でのご使用には適しません。

今までは・・・

基準に適合しているかの確認などに路面輝度測定が必要でしたが、下記のような問題がありました。

  • 道路の交通規制が必要
  • 車両が通行していて危険
  • 時間や費用がかかる

エルスコープの導入により

路面輝度測定に加え、光源の長寿命化にともない頻度が増した保守作業の準備を簡単に行うことが可能です。

  • 道路の通常運用が可能
  • 車両を運転しながら動画撮影
  • 時間や費用が大幅に削減可能


開発経緯

道路・トンネルの照明設備は、運転者へ安全で円滑な視環境を提供するよう設計されています。しかし、照明器具の汚れや光源の経年劣化などにより徐々に暗くなり、視環境は悪化していきます。このような視環境の悪化は、障害物の見落としによる事故など危険性を高める可能性があります。そのため、適切に維持管理を行い、より良い視環境を提供することで安全性を保つことができると考えました。

通常、道路の明るさを確認するには、交通規制を行い、測定作業をする必要があります。しかし、交通規制による渋滞の発生、測定に要する時間と作業員の確保など、確認作業は大きな負担となっていました。また、LED照明の急速な普及に伴い、道路・トンネルにもLED照明の導入が進んでいます。従来の光源はLEDと比べ寿命が短く、寿命末期には不点灯となるので、ランプ交換が必要な時期は明確でしたが、LED照明は、寿命末期であっても不点灯とならず、徐々に暗くなる特性があります。そのため、照明を交換する時期が不明確という課題があります。維持補修においても、ランプ交換時に照明器具などの清掃・点検作業を併せて行う機会がありましたが、長寿命のLEDでは清掃・点検作業を計画的に行う必要があります。

そこで、日常的な確認や、継続的な測定結果の比較が簡易的にできる『eLscope』は、道路の維持管理の作業負担の軽減、安全性の向上に貢献いたします。

『eLscope』の主な特長

(1) 交通規制が不要

車載カメラにより走行しながら撮影した動画を解析し、路面輝度分布を作成するため、運用中のトンネルであっても交通規制をせずに路面輝度測定ができます。

(2) 測定の手間を軽減

測定は、走行しながらの動画撮影のみです。簡単な測定なので、定期的な照明状態の確認に役立ちます。測定を頻繁に行っても交通規制などの影響なく、最小限の負荷で維持管理ができます。

(3) 俯瞰輝度分布/グラフを作成

輝度動画により走行区間の路面の輝度分布を俯瞰的に確認できます。また、輝度の変化をグラフで出力でき、測定結果の比較が容易です。

路面輝度分布イメージ

経年劣化による明るさ減少イメージ

『eLscope』ソフトウェア

(4) ランプの不点検知

トンネル基本部では、照明器具の位置、取付間隔などの情報の設定により、不点ランプを検知できます。

(5) 特殊な機材が不要

市販のカメラによる撮影動画から解析するため、高価な機材を購入する必要がありません。

販売品概要

『eLscope』ソフトウェア (Windows 7 対応)

希望小売価格

オープン価格

ニュースリリースに掲載されている内容(サービスの内容、商品の価格や仕様など)は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点では内容が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ