Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 テニス > 武蔵野ドームテニススクール

納入事例

スポーツ施設照明 テニス

武蔵野ドームテニススクール東京都杉並区

恵まれた環境に位置する老舗テニスクラブのインドアテニスコートをLED照明で照らし良好な視環境を実現

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 鉄骨骨組みの膜構造で高さ約9mの開放的な大空間を実現したドーム型のインドアテニスコートを、「レディオック ハイベイ アルファ 320W」で照らし、均斉度の高い良好な視環境を実現している。

施設概要

施主
(有)武蔵野ローンテニスクラブ
施工・電気工事
(株)沼尻電機

竣工

2019年10月

お客様の声:(有)武蔵野ローンテニスクラブ 代表取締役/内藤 昇一様

東京都杉並区にある武蔵野ドームテニススクールは、武蔵野の面影が残る緑豊かな環境の中で、最高のコンディションが自慢のクレーコート11面を備えた会員制テニスクラブ、武蔵野ローンテニスクラブの敷地内にあるインドアテニススクールです。1972年に誕生した武蔵野ローンテニスクラブの20周年を機に、1992年11月、当時では珍しい膜構造ドーム型のインドアテニススクールとして開校しました。当スクールでは、初心者から上級者まで多彩なクラスをご用意して一人ひとりのレベルに合わせたレッスンを行い、幅広い年齢層の方々に広くご利用いただいております。足腰に優しい高級スポーツカーペットコート3面、フロント、プロショップ、ラウンジ、ロッカールーム、パウダー・シャワールーム、託児所、駐車場など充実した設備を備え、天候に左右されることのない冷暖房完備の快適なインドア空間でいつでもテニスを楽しんでいただける環境を整えています。また、テント膜材ならではの透光性で昼間は太陽の光を屋内に取り込み、やさしい光で自然な明るさを保つとともに、柱のないすっきりとした大空間が開放的なスポーツ環境を創出しています。

武蔵野ドームテニススクールでは、2019年10月にインドアテニスコートの照明改修を行い、LED照明に更新しました。照明のLED化については、全体を均一に照らしたいという思いから、LEDはどうしても光の直進性が高いのでは?と二の足を踏んでいたのですが、2年程前に姉妹校のインドアテニススクール、武蔵野テニスシティーにてLED化を実施したところ、良好な視環境をつくることが出来た経験を踏まえ、今回のLED化に至りました。当施設はドーム型の天井でサイドライティングができないため、コート内でグレアを軽減することを重視の上、メタルハライドランプ1000Wを使用していた既設HID投光器に替えて、拡散パネルを取り付けたLED高天井用照明器具「レディオック ハイベイ アルファ 320W」を採用しました。間接照明についても既設HID投光器60台から高効率・高出力のLED投光器「レディオック フラッド スポラート 65Wタイプ」20台へと減らしつつ、改修前と改修後では照度1.5倍を確保し、大幅な消費電力の削減を実現しました。

改修後はお客様からも「とても明るくなった」と好評をいただいています。夜間には屋内の照明が拡散透過することでドーム型のフォルムが柔らかく浮かび上がり、周辺からのぞんだ際に印象的な夜間景観を演出しています。

このページの先頭へ