納入事例

スポーツ施設照明 レース場

園田競馬場兵庫県尼崎市

関西初のナイター競馬をエキサイティングに照らす光

Myリストに追加
  • LED
  • HID
  • 1コーナーから2コーナーへと駆け抜ける競走馬をアイ マルチメタルランプ1500Wの光で照らし出す。

施設概要

施主
兵庫県競馬組合
電気工事
(株)きんでん

竣工

2012年9月

お客さまの声:兵庫県競馬組合 総務部企画広報課/北條 龍作様

兵庫県尼崎市にある園田競馬場は、昭和5年12月に開場した歴史のある競馬場です。右回りダートコース1周1,051mで、4コーナーから決勝線までの距離は228m(直線213m)となっています。向正面から3コーナーにかけて高低差1.2mの上り坂があり、コース幅はフルゲート12頭に対応しています。園田競馬場では、関西で初めてとなるナイター競馬の開催を2012年9月より始めました。
「そのだ金曜ナイター」という愛称のもと、9月7日から11月9日までの毎週金曜日に開催。2013年も4月から11月上旬までの金曜日にナイター競馬を開催する計画です。ナイター照明には、効率改善形投光器 アクロスター(アイ マルチメタルランプ1500W)と一部LED投光器(レディオック フラッド ブリッツ460Wタイプ)を採用し、走路に15mの照明柱39基を新設。スタンドと事務所の屋根上にも同投光器を設置しました。地方競馬のナイター開催は、東京・大井競馬場や高知競馬場などに次いで全国6ヶ所目となりますが、園田競馬場のナイター照明はとても明るいと高評価をいただいています。

ナイター照明の工事に併せて、場内設備もトイレの改修、喫煙ルームの新設、売店やレストランのリニューアルなどの改修工事を実施し、施設の充実を図りました。ナイター競馬の開催後はおかげさまで入場者も増え、仕事帰りの会社員や女性グループなど新しいファン層の姿が目立つようになりました。梅田駅から電車と無料バスで25分という好立地を生かし、今後もより多くの皆様に足を運んでいただき、新しいエンターテインメントとしてナイター競馬を楽しんでいただけることを願っています。

主な納入器具

このページの先頭へ