納入事例

スポーツ施設照明 レース場

門別競馬場北海道沙流郡日高町

競走馬の走行に支障をきたすことの無い高品質な視環境を実現

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 競馬場周辺への光漏れにも配慮し、快適なナイター照明を提供している。

施設概要

施主
(社)北海道軽種馬振興公社
設計
JRAファシリティーズ(株)
施工・電気工事
1工区

北海電工・新興・北盛特定建設工事共同企業体

2工区

北弘電・錦戸・堀江特定建設工事共同企業体

厩舎

坂本電建・武田・坂本電機特定建設工事共同企業体

竣工

2009年3月

門別競馬場は、北海道沙流郡日高町に位置し、1997年12月に開設された日本で最も新しい競馬場です。従来よりトレーニングセンターとして使用されていたコースを改修してホッカイドウ競馬のひとつの開催場所としましたが、2009年より開催のほとんどを本競馬場に集約することとなり、また、その全日程をナイターレースで行うことが決定され、スタンドの増設ならびに周辺設備整備に並行して照明設備が新設されました。副題の「グランシャリオナイター」(グランシャリオ=北斗七星)は一般公募により決定された夜間開催レースの愛称です。本競馬場は、地方競馬専用競馬場としては、国内最大級の規模で右回りダートコース1周1,600mを擁し、ゴール前は330mの長い直線となっています。また、コース幅も広くフルゲート16頭に対応しているのは、本場と大井競馬場だけです。

主な納入器具

  • 光害対策形投光器 アクロスペース/後方遮光板付(アイ マルチメタルランプ 1.5kW) - 120台

  • 投光器 アイ マルチスペース(アイ マルチメタルランプ2kW) - 479台

このページの先頭へ