納入事例

スポーツ施設照明 体育館・トレーニング場

秋田県立武道館 大道場秋田県秋田市

高出力・ハイパワーのLED照明にリニューアルし、十分な照度を保ちつつ大幅な省エネを実現

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • メタルハライドランプ1000W×216台に替えて「レディオック ハイベイ デュエル380Wタイプ」を144台設置し、快適な明るさと大幅な省エネを実現。

施設概要

施主
秋田県
設計
(株)三光企画設計
電気工事
本荘電気工業(株)

竣工

2016年10月

秋田県立武道館は、2007年に開催された秋田わか杉国体に先立ち、2004年に完成した県立の武道館です。大道場、剣道場、小道場、柔道場、弓道場、相撲場などの充実した施設を備え、県内武道スポーツの中心道場となっています。秋田県では2016年10月、県有建築物省エネルギー推進事業の一環として大道場の照明LED化改修を実施しました。

大道場の広さは面積2,356m²(62m×38m)で、2,510席の観客席を備え、柔道8面、剣道8面の公式競技が可能です。また、武道以外にも各種イベントや物産フェア、大規模集会等の利用も可能な施設として幅広く利用されている施設でもあります。既設の照明設備は、天井が約18mと高いためメタルハライドランプ1000W天井灯が216台設置され、設計照度1500ℓx以上、照度均斉度0.5以上となっていましたが、今回の照明改修によりLED高天井器具「レディオック ハイベイ デュエル380Wタイプ」を144台設置。

これまでと同等以上の平均照度を確保しつつ、約77%の省エネルギー化を実現しました。色温度は5000Kで、平均演色評価数Ra70と爽やかな空間を創出しています。また、点灯方式は全点灯、1/2点灯、1/3点灯と各種目や使用目的に応じた点灯を可能にする照明制御を行うことで、幅広い用途に対応できる良好な照明環境とし、さらなる省エネを推進しています。

このページの先頭へ