Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 体育館 > 四天王寺高等学校・中学校体育館(バレーボール練習場)

納入事例

スポーツ施設照明 体育館

四天王寺高等学校・中学校体育館(バレーボール練習場)大阪府大阪市天王寺区

LED照明で大幅な省エネ、CO₂排出量の削減を図りながら、快適なスポーツ照明を実現

Myリストに追加
  • LED
  •  

施設概要

施主
学校法人 四天王寺学園
設備設計・施工・電気工事
浅海電気(株)

四天王寺学園高等学校・中学校は、1922年(大正11年)に聖徳太子1300年御忌記念事業として創設された伝統のある私立女子校です。バレーボールの強豪校でもある同校の練習場等に使用されている体育館の照明設備改修が実施され、LED照明が採用されました。設計照度はバレーボールの一般競技レベル程度(改修前のHID投光器による照明設備と同程度)とし、十分な照度を確保しています。省エネルギー化、CO₂排出量削減に貢献するLEDを光源とする投光器は、瞬時再点灯が可能なため、こまめに点灯・消灯をして省エネが図れる点にも着目いただき採用されました。配置、エイミングは改修前の既設投光器に倣い、天井中央は角度をつけて振り分け、天井サイドにはアッパーにすることで、バレーボール競技に必要な空間照度を確保しています。配光タイプの選考については、現地で実際に点灯実験を行い、グレアを低減できる配光を選択しました。今回のLED照明化により、改修前と比較して約60%以上の消費電力削減につながり、大幅な省エネを実現することができました。

このページの先頭へ