Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 外構 > コンフォール明神台

納入事例

建築外構・景観演出 外構

コンフォール明神台神奈川県横浜市保土ケ谷区

安全・安心にも配慮した、快適で魅力ある緑化空間を形成

Myリストに追加
  • LED
  • HID
  • 丘陵地に建つコンフォール明神台の芝生広場周辺夜景。光害を抑え環境に配慮した照明設備がやさしく園内を照らし出す。

施設概要

施主
(独)都市再生機構 神奈川地域支社
設計
(株)SUN設計事務所

竣工

2006年3月

明神台団地は、UR都市機構(=独立行政法人都市再生機構;当時、日本住宅公団)が建設、管理するUR賃貸住宅(旧公団住宅)です。高度経済成長により住宅が不足していた1959年(昭和34年)に建てられましたが、近年、老朽化が進んだことから、建て替え事業が行なわれています。
明神台団地は、神奈川県横浜市保土ケ谷区の県立保土ケ谷公園に隣接し、見晴らしの良い高台にあります。中央の第二期区画が「コンフォール明神台」として完成しました。

東京近郊にありながら、木々の緑が豊かな住宅として、長い間、沢山の人々に馴れ親しまれてきました。今回の外構整備ではこうした地域性を大切に、地域の特長を活かし、また安全・安心にも配慮した、快適で魅力ある緑化空間形成が図られました。住戸・緑地・歩道の空間において快適な光環境を創出すると同時に、省エネやコスト削減も実現しました。

主な納入器具

  • エクステリアライト cerca(セルカ)

  • ポールライト(セラルクス70W) - 4基

  • アプローチライト(セラルクス35W) - 14基

  • ソーラーLEDブロック

このページの先頭へ