Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 外構 > 阿波おどり 藍場浜演舞場

納入事例

建築外構・景観演出 外構

阿波おどり 藍場浜演舞場徳島県徳島市

日本の夏を彩る阿波おどりの演舞場をLED照明化し、消費電力量を約70%削減

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • レディオック LEDアイランプSP 100Wの明るく爽やかな光が、踊り子の表情・衣装を鮮やかに照らし出し、賑わいをより効果的に演出している。

施設概要

施主
社団法人 徳島市観光協会
設計
岩崎電気(株)四国営業所(照度分布図作成)
施工・電気工事
四国管制工業(株)

徳島県発祥の阿波おどりは、400年以上の歴史を持ち、世界にもその名を知られた日本の伝統芸能のひとつです。中でも毎年8月12~15日のお盆の期間に開催される徳島市阿波おどりは、徳島県内の数ある阿波おどりの中でも最大の規模を誇ります。毎年120万人以上の人出があり、期間中は街中に阿波おどりのお囃子が響き、市内各所に演舞場が設置されます。

藍場浜公園内に設置される藍場浜演舞場は、JR徳島駅、バスターミナル駅から最も近く、収容人員約10,000人と最大規模を誇る有料の演舞場です。阿波おどり期間中は、一時的に膨大な電力が必要となることから、徳島市観光協会では、東日本震災発生後の節電への取り組みのひとつとして、藍場浜演舞場の消費電力削減を模索し、従来の水銀灯、白熱電球からLED照明へのリニューアルを実施しました。

メーカー数社のLED照明(投光器)で比較検討の上、レディオック LEDアイランプSP 100Wが採用されました。仮設照明としてホルダ・バイスで設置が可能である点、電源別置のためランプが軽量で仮設照明塔(パイプ)への設置に適している点、前面カバーが乳白(拡散形)で眩しさを抑制している点などに着目いただき採用されたもので、照度も従来以上の明るさを確保しています。設置にあたっては、従来照明とLED照明との比較のため、徳島市観光協会様立会いのもと、実証実験を実施し、「従来に比べて照度アップとなる」、「眩しさも問題ない」、「LEDの昼白色(5000K)とした事により、従来と比較して色が鮮やかに見える」などの結果を確認しました。従来の照明に比べて増灯しつつ消費電力は約70%削減でき、明るさは約1.6倍になった結果を踏まえ、来年以降、他の演舞場へのLED照明化も検討されていらっしゃいます。

主な納入器具

このページの先頭へ