Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 ライトアップ > 日本聖公会 弘前昇天教会

納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

日本聖公会 弘前昇天教会青森県弘前市

ゴシック様式赤煉瓦づくりの教会をLEDの光で厳かに照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 電球色のLED投光器でゴシック様式の教会を照らし出し、完成度の高い建物の表情をより効果的に見せている。

施設概要

施主
弘前市
設計
(株)TCA 一級建築士事務所

竣工

2011年12月

土手町商店街の中心に位置する弘前昇天教会は、カトリックとプロテスタントの架け橋となる中道主義の教会です。大正時代に建てられたゴシック様式赤煉瓦づくりの聖堂は、「洋風建築の町・弘前」のシンボルのひとつで、青森県の重要文化財に指定されています。弘前昇天教会のライトアップは、ファサードと右側面(中央弘前駅側)の煉瓦壁面を足下から電球色のLED投光器で照らし、全体に荘厳な雰囲気を引き出しました。また、遠方からでも目立つように、円窓(バラ窓)と鐘楼の尖塔を重点的に照らし、教会の特長ある表情を浮かび上がらせています。

主な納入器具

このページの先頭へ