納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

藤田記念庭園洋館青森県弘前市

夜空に浮かび上がる八角の屋根がノスタルジックな輝きを放つ

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 洋館の特徴である八角の屋根をシンボリックに照らし出し、洋風建築の美しい佇まいをノスタルジックに浮かび上がらせる。

施設概要

施主
弘前市
設計
(株)TCA 一級建築士事務所
電気工事
嶋津電気(株)

竣工

2012年3月

弘前公園に隣接する藤田記念庭園は、弘前市出身の実業家、藤田謙一氏が大正年間に別邸を構える際、東京から庭師を招いて造らせた江戸風の趣がある庭園です。その後、弘前市政百年事業として整備し、1991年に開園しました。広さ約21,000m²という広大な敷地内には大正時代の浪漫を感じさせる洋館があり、貴重な遺産として国指定登録有形文化財に指定されています。この洋館のライトアップについては、洋風建築の美しい佇まいをノスタルジックに浮かび上がらせることを主眼に、洋館の特徴である八角の屋根を一方向から高出力LED投光器レディオック フラッド ブリッツとレディオック フラッド ネオで照らし出し、立体感のある演出を行っています。合わせて建物のコーナーを重点的に照らすことで、全体のボリュームを効果的に光で表現しました。周辺の樹木もLED投光器(レディオック フラッド ネオ95W)で照らして奥行き感のある夜間景観を創出しています。

主な納入器具

このページの先頭へ