納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

禅林街青森県弘前市

荘厳で落ち着きのある「宵の禅林街」を演出するあかり

Myリストに追加
  • LED
  • HID
  • ライトアップされた長勝寺三門へと続く禅林街の杉並木を上方光束比のない照明器具(セラルクス70W/3500K)とLED 3Wフットライトで照らし、落ち着きのある街並みとともにリズムのある夜間景観を創出。

施設概要

施主
弘前市
設計
(株)TCA 一級建築士事務所
電気工事
弘前電気工事(株)

竣工

2011年5月

お客さまの声:(株)TCA一級建築士事務所/千葉 貴司様

弘前城の西南に位置する禅林街は、曹洞宗の寺院33カ寺が並木道に沿って並ぶ地域で、老杉の参道一番奥深くに津軽家累代の菩提寺である長勝寺があります。国指定特別史跡にも指定され、古都弘前の名所の一つとなっている禅林街の街路灯改修では既設街路灯を活用して、まぶしさを抑えた下面配光の街路照明と歩道地あかり(LED足元灯)で落ち着きのある街並みを形成し、ライトアップされた長勝寺三門を荘厳に際立たせています。また、要所に小型LED投光器「レディオック フラッド ネオ」を設置し、栄螺堂や杉木立など沿道の魅力ポイントをライトアップし、豊かで立体的な光の景観をつくり出しました。

主な納入器具

このページの先頭へ