Home > 納入事例 > 道路照明 SA・PA > 道の駅 ひたちおおた ~黄門の郷~

納入事例

道路照明 SA・PA

道の駅 ひたちおおた ~黄門の郷~茨城県常陸太田市

常陸太田市の魅力を体感できる施設の屋外空間を省エネに貢献するLEDの光で快適に照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 施設内を快適に照らすLED街路灯「レディオック エリア タイプD」に加え、コンクリート柱に共架したLED投光器「レディオック フラッド ブリッツ80W」が外周より駐車場エリアを照らし出し、すっきりとした景観を創出している。

施設概要

施主
常陸太田市
設計
(株)三上建築事務所
施工
岡部・梅原特定建設工事共同企業体
電気工事
(株)高村電設工業、(有)佐藤電気

竣工

2016年7月

お客様の声:常陸太田市 農政部 販売流通対策課様

茨城県常陸太田市の国道349号バイパス沿いに2016年7月、オープンした「道の駅 ひたちおおた」は地域産業の振興と地域の活性化を図ることを目的として整備された複合型交流拠点施設です。敷地面積は約2.2ha、施設面積1,555.30m²で、施設内には普通車208台、大型車14台、身障者用駐車場3台の大型駐車場を備えています。常陸太田市の魅力を伝え、人々が集い交流する空間としての役割とともに、災害時の避難場所や災害復旧活動拠点としての機能も果たしています。

常陸太田市の農産物や加工品・特産品を取り揃えた直売所をはじめ、地元食材をふんだんに使用したレストラン、常陸秋そばなどのフードコート、イベント広場、子ども広場、収穫体験のできるトマトハウスなど充実した施設に加え、24時間利用可能なコンビニエンスストア、トイレも併設しています。オープン以来、市民の皆様はもちろん、観光に訪れる方々など、おかげさまで多くの方にご利用いただき、連日賑わいを見せています。省エネの観点から施設の照明にはLEDを使用しており、駐車場照明や歩道照明についてもLED照明を採用しました。

屋外空間を夜間も快適に照らす街路灯には、LEDの特長を活かしたリング状のデザインで全方向配光のLED街路灯「レディオック エリア タイプD」を採用。また、景観を維持するため、広々とした駐車場範囲の内側には照明設備を建てず、外周から10mのコンクリート柱に共架したLED投光器「レディオック フラッド ブリッツ80W」でエリア全体を照らし、すっきりとした空間とするなど、照明器具の選択及び配置に十分配慮することで、安全・快適な照明環境をつくることが出来たと考えています。

このページの先頭へ