Home > 納入事例 > 公園・街路照明 街路灯 > 千駄木二丁目商店街

納入事例

公園・街路照明 街路灯

千駄木二丁目商店街東京都文京区

街路灯をLED化し省エネを図るとともに、より魅力ある商店街の形成に貢献

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 根津神社側より地下鉄千代田線千駄木駅方向をのぞむ。交差点付近にはLEDランプ5灯式のシンボル灯が設置され、通りを明るく照らし出すLED街路灯の爽やかな光が一体感のある商店街を形成している。

施設概要

施主
千駄木二丁目商店街振興組合
照明設計監理
ブライト(株)

竣工

2013年12月

お客様の声:(株)尚建 代表取締役 千駄木二丁目商店街振興組合理事/徳山 明様

千駄木二丁目商店街は、文京区千駄木に位置する歴史ある商店街で、地下鉄千代田線千駄木駅近くの団子坂下交差点から千駄木二丁目交差点あたりまでの不忍通り沿いに約80店舗の加盟店が並んでいます。千駄木二丁目商店街では、2013年12月、街路灯のLED化事業を実施し53基の街路灯を全て既設水銀ランプからLEDランプ(レディオック LEDライトバルブ)へと更新しました。

同時にフラッグと歩道部を照らすLED投光器(レディオック フラッド ネオ)も増設し、大幅な省エネを実現するとともに夜間も明るく安全な視環境をつくりました。計画から実施まで3年ほどかけ、さまざまなLED照明を比較検討するなど十分な準備を経た上で実現した街路灯LED化事業ですが、LED照明は日々進化しているので、今回、永く親しまれてきた街路灯の灯具をそのまま生かし、ランプと安定器を交換するだけでLED化が出来るLEDランプ(レディオック LEDライトバルブ)を採用することができたことはタイミング的にも良かったと考えています。また、商店街が面している不忍通りは道路の幅が広いので、商店街として認識していただきにくいという点を、逆にスケールの大きさと捉え魅力ある商店街をアピールしていくために、街路灯LED化事業に皆で取り組んだこと自体にも意味があるのではないかと思っています。LEDの爽やかな光が通りを明るく照らし出し、商店街をつなぐシンボル的な存在となりました。

千駄木は谷中・根津とともに下町の情緒溢れる粋な地区として人気が高く、下町まつりや根津神社のつつじ祭りなど、季節毎に多くの祭りが開催されています。千駄木二丁目商店街でも、これらの祭りの時期に合わせて4月には「千駄木かっぽれ祭り」、10月には「ちゃんこ祭り」を開催するなど、イベントも多数行っており、これからもより多くの方々に愛され、親しまれる商店街となることを願っています。

このページの先頭へ