Home > 納入事例 > 公園・街路照明 街路灯 > 星川通線シンボルロード

納入事例

公園・街路照明 街路灯

星川通線シンボルロード埼玉県熊谷市

祭りの舞台にもなるシンボルロードに適応する柔軟な照明スタイル

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • FECサンルクスエースを光源とするポールライトが夜間もシンボルロードを暖かく照らし出す。

施設概要

施主
熊谷市

竣工

2000年6月

2000年7月、熊谷市の新しい顔となる星川通線シンボルロード整備事業が完成しました。魅力的な都市空間を創造するために中心市街地のシンボル軸(東西軸)として位置づけ、すでに完成していた市役所通線(南北軸)とのクロスシンボルロードを構成する目的で事業が実施されたものです。

照明設備については演色性を重視の上、アイ スペシャルクスとハイラックスを光源に使用した特注ポールライトを設置し、用水側歩道灯は車道灯と一体化させた形としています。交差点に設置したボラードを兼ねる足元灯の光源もハイラックス2500Kを採用し、暖かみのある雰囲気を演出しました。

今回の星川通線シンボルロード整備事業では、ストリートファニチャーから照明器具に至るまで全て特注のデザインとすることで、空間全体に統一感のある街並みづくりを試みました。

主な納入器具

  • 特注照明柱(アイ スペシャルクス250W) ほか

このページの先頭へ