納入事例

公園・街路照明 街路灯

曳舟駅前地区東京都墨田区

街並みを心地よいあかりでやさしく照らし出す

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 歩道灯のやわらかい光が街並みを照らし、リズム感を生んでいる。

施設概要

施主
(独)都市再生機構 東京都心支社
設計
(株)ピーエーシー
施工
I街区

(株)鴻池組

区画街路

(株)富士工

電気工事
I街区:浅海電気(株)
区画街路:向陽工業(株)
照明計画
LIGHTDESIGN INC.
ランドスケープデザイン
(株)プレイスメディア

竣工

2008年10月

東武線曳舟駅前の東武線と京成線に挟まれた一角は、戦前からの木造住宅や工場の中に細い路地が通る地区で、再開発前の街並みにはあかりが少なく、暗く不安な印象がありました。再開発プロジェクトでは、アイアンワークやストリートファニチャー、サイン、樹木などを利用して、立面を低い位置から照らすことで、“明るさ感”を確保しています。また、店舗や階段の壁などを照らすことで動線を明確化して、“安心感”を作りました。

新たに整備された区画街路にはパズー街路灯(車道灯)を設置しています。ランプをあたたかい色温度とし街区内と合わせることで、統一した夜間景観をつくっています。歩道灯のデザインは、曳舟らしさをイメージしてデザインしています。格子や縞模様が随所に使われている街区に合わせて、縦ルーバデザインの角形ポール灯から、行灯のように柔らかく光がこぼれてきます。

光源は高演色性のセラルクス150W/3200Kを1灯使用して、眩しさがでないように注意してランプ位置を決定しています。また、夜の時間を3つのシーンに分けて時間軸での景観演出を行っています。夜が深まるに連れて、光の点灯/消灯パターンや色温度が少しずつ変わっていきます。安全で省エネルギーにも留意した照明の形を実現しました。

主な納入器具

  • デザイン灯(セラルクス150W/3200K) - 13基

  • 特注フットライト(セラルクスT(G12口金形) 35W/3000K) - 5台

  • 道路灯 PAZU(パズー) (FECセラルクスエース3000K/150W) - 5基 ほか

このページの先頭へ