Home > 納入事例 > 公園・街路照明 駅前広場 > 藤井寺市道藤井寺駅北線

納入事例

公園・街路照明 駅前広場

藤井寺市道藤井寺駅北線大阪府藤井寺市

街のシンボルロードとして親しまれている空間に調和するLEDの灯り

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 周囲の景観に調和する、すっきりとした形の「レディオック ロード」で、一時待機場が設けられている駅北口ロータリー付近を万遍なく照らしている。

施設概要

施主
藤井寺市
施工・電気工事
共栄電業(株)
G.C.SINKO(株)

竣工

2016年3月

お客様の声:藤井寺市 都市整備部 まち創造課様

藤井寺駅は近畿日本鉄道・南大阪線の駅で、大阪府藤井寺市の玄関口となっている市内の中心駅です。藤井寺市では、市道藤井寺駅北線のリニューアル工事を実施し、2016年に完成しました。

工事にあたっては、藤井寺駅周辺まちづくり協議会の提案を踏まえた上で、電線類の地中化やバリアフリー化、駅前広場の再整備などの工事を実施しました。歩道の幅を広げ、歩行空間をゆとりあるものとし、歩行者にやさしい安全で快適な道となっています。照明環境については、駅南側の歴史を重んじる雰囲気とは対照的に近代的なイメージの空間に調和するよう、LED道路灯「レディオック ロード」や駅北交流広場を照らす特注照明器具についても仕上げ色に拘り、イメージに馴染むよう留意しました。省エネを推進するLED器具の光が明るく街並みを照らしています。

リニューアル工事完成後には、市民の皆様に愛着をもっていただけるよう広く愛称を募集し、市道藤井寺駅北線は「ぽぽろーど」、藤井寺駅交流広場は「デラパーク」と名付けられました。リニューアル工事が完成した2016年は、藤井寺市市政50周年とも重なりさまざまなイベントが開催され、その後も毎年、市民の憩いや集いの場となった「デラパーク」でのイベントや、「ぽぽろーど」の花植えなど、各種取り組みが積極的に行われています。駅周辺の大型ショッピングセンターも建て替えられ、今年度中にオープン予定で、より一層の地域の賑わいに貢献することを期待されるこの道が、さらに魅力ある街並みの形成への役割を果たすことを願っています。

主な納入器具

このページの先頭へ