Home > 納入事例 > 公園・街路照明 駅前広場 > 赤湯駅前交流広場

納入事例

公園・街路照明 駅前広場

赤湯駅前交流広場山形県南陽市

近未来的なフォルムの駅舎に調和する光のかたち

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 高圧ナトリウムランプ点灯時。季節に応じて光色を切り替えることで快適な視環境を創出。

施設概要

施主
南陽市

竣工

2003年9月

南陽市の赤湯駅前交流広場の整備が実施され2003年に完成しました。

交流広場整備に伴い新設された照明について、モダンな駅舎のフォルムに調和するようシンプルなデザインの器具が選択されました。周辺への光漏れにも配慮の上、道路灯は上方向への光漏れを抑制するパズーを、歩道灯はミーティスを使用し、効率よく道路を照らしています。

また、光源には車道灯、歩道灯ともにアイ ツインアークが採用され、春・夏は水銀ランプの爽やかな光、秋・冬は高圧ナトリウムランプの暖かみのある光と、季節に応じて光色を切り替えることで、豪雪地帯であることも考慮した快適な視環境をつくり出しています。

主な納入器具

  • 道路灯 PAZU(パズー) (アイ ツインアーク200W/100W) - 16基

  • 街路灯 mitis(ミーティス) (アイ ツインアーク80W/50W) - 10基

このページの先頭へ