Home > 納入事例 > 公園・街路照明 構内 > 実践女子学園 創立120周年記念事業 神明エリア

納入事例

公園・街路照明 構内

実践女子学園 創立120周年記念事業 神明エリア東京都日野市

約26,000m²の広さを持つグラウンドにLED太陽灯を設置し、安心・安全の光を灯す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 警備室付近に設置されているLED太陽灯レディオック エリアDタイプ。

施設概要

施主
学校法人実践女子学園
設計・施工
(株)安藤・間

竣工

2015年3月

お客様の声:(株)安藤・間/江沢 幸太郎様

学校法人実践女子学園は、2019年に創立120周年を迎えるにあたり、段階的にさまざまな「創立120周年記念事業」を実施しています。その一環として2014年4月、かつて大学学舎を置いていた渋谷の地に再びキャンパスを新設し、日野キャンパス(日野市大坂上)の文学部、人間社会学部と、神明キャンパス(日野市神明)の短期大学部を移転。都心型の渋谷と地域中核型の日野との2キャンパスによる新たな教育環境・体制づくりが整えられました。

これまで短期大学部の校地として使用していた神明キャンパスの跡地は、約26,000m²の広さを持つグラウンドとして整備されました。今後は日野市と連携しながら跡地活用を検討していく予定もあり、地域貢献が可能な空間づくりを行いました。自然に恵まれ、周辺には住宅地が控えているため、環境を妨げないあかりを設置しています。非常時には周辺地域の避難場所になることもあり、LED太陽灯レディオック エリアDタイプを採用し、地震や台風などの災害で万一商用電源が停止しても照明機能を保つことが出来る安心・安全の照明環境としました。

主な納入器具

このページの先頭へ