Home > 納入事例 > 公園・街路照明 構内 > (独)日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所

納入事例

公園・街路照明 構内

(独)日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所群馬県高崎市

万一の停電時にも点灯するLED太陽灯を設置し夜間の安全性を確保

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 太陽光発電パネルで発電した電力を蓄電池に蓄え、点灯するLED太陽灯は、万一の停電時にも点灯し夜間の安全性を高めている。

施設概要

施主
(独)日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所
設置
2014年3月

独立行政法人 日本原子力研究開発機構は、日本で唯一の総合的原子力研究開発機関です。高崎量子応用研究所は、量子ビーム応用研究の中核拠点として、イオン照射研究施設、ガンマ線照射施設、電子線照射施設を利用して身近な暮らしといのちに役立つ研究開発を行なっています。高崎量子応用研究所様では、2014年3月、研究所構内の夜間における安全確保をより確実なものにするため、外灯設備を更新されました。主要照射施設周辺に新たに設置された外灯は、LED光源の太陽灯で、昼間の太陽光を利用して蓄電した電力をバッテリーに蓄え、夜間照明に利用する自然エネルギー利用の外灯です。万一の停電時も点灯するLED太陽灯が、夜間も主要照射施設周辺を安全に照らしています。

主な納入器具

  • LED太陽灯(レディオック ストリート 40VAタイプ) - 11基

このページの先頭へ