Home > 納入事例 > 環境シミュレーションシステム > 栃木県産業技術センター 材料技術部

納入事例

環境シミュレーションシステム

栃木県産業技術センター 材料技術部栃木県宇都宮市

遠隔操作も可能な耐候性試験機「アイ スーパーキセノンテスター XER-W83-T02」

Myリストに追加
  •  
  •  
  • 自然光に近似した分光スペクトルを持つキセノンランプを搭載している耐候性試験機「アイ スーパーキセノンテスター」設置状況。

施設概要

施工
栃木県産業技術センター 材料技術部
設置
2021年3月

栃木県産業技術センターは、「発信します 明日を拓く 確かな技術」をモットーに、県内中小企業などの新技術・新製品開発や技術高度化を支援する技術拠点として、中小企業の研究開発力の向上を支援することにより、活力ある創造性豊かな地域産業の発展を目指している技術支援機関です。

各種分析機器、測定器機器など充実した施設・機器が揃っている栃木県産業技術センターでは、2021年3月、令和2年度JKA補助事業を活用して耐候性試験機を更新し、岩崎電気の「アイ スーパーキセノンテスター XER-W83-T02」を導入されました。プラスチックや塗装品などの試料に光照射及び水噴射を行い、試料の劣化を促進させる装置としてご採用いただいたものです。

キセノンランプは太陽光と近似した光を照射できるため、実際の環境劣化を模した促進試験ができる装置であり、屋外暴露との高い相関性に加え、照度を可変できることを特長としています。また、同試験機はネットワークに接続され、試験機を設置している場所に行かなくても、タブレット端末やPCで操作状況の監視と遠隔操作が行えるシステムを構築しているため、試験機を利用する方の利便性も向上させています。

主な納入器具

このページの先頭へ