Home > 納入事例 > 防犯照明 > 八日町商店街

納入事例

防犯照明

八日町商店街東京都八王子市

商店街のシンボルとして設置されたハイブリッド街路灯

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 鳥害にも配慮し、風力発電機と太陽電池を備えたハイブリッド街路灯。

施設概要

施主
八日町商店街振興組合
設計
一級建築士事務所 STUDIO M2
電気工事
柏木電気(株)

竣工

2008年3月

八日町商店街は、甲州街道(国道20号)に位置する商店街です。古くから交通の要所として、また宿場町として栄えてきた歴史を持ち、昭和30年代には全国でいち早くアーケード商店街となりましたが、近年老朽化が進んでいました。商店街活性化の一環としてアーケードを撤去し、新たに街路灯が設置されました。歩道照明灯の設置にあたっては、幅員約5mのゆったりとした歩道にきちんと光が届くよう十分な照度の確保に留意の上、高効率・高演色性のセラルクスを光源とするシンプルなデザインの照明器具を採用しました。

また、まちのシンボルとしてアピールできる照明の形を求めた結果、ハイブリッド街路灯の設置が決まりました。平成19年度東京都特定施策推進型商店街事業の補助を受け実現したもので、国道沿いの歩道へのハイブリッド街路灯設置は、民間としては日本で初めての事例です。風力発電機と太陽電池を用いたハイブリッド街路灯は、自然エネルギーを活用したエコロジカルな街路灯です。さらに災害時には、非常用コンセントから電源をとることが出来ることも大きな特長と言えます。

すっきりとした街並みに設置されたハイブリッド街路灯は、街ゆく人々にも評判が良く、八日町商店街の環境への取り組み、そして新しいまちづくりへの姿勢を表すものとなっています。

主な納入器具

  • 特注ハイブリッド灯(セラルクス 70W/4300K×2灯用) - 7基

  • 歩道照明灯(セラルクス 150W/4300K) - 50基

このページの先頭へ