Home > 納入事例 > 防犯照明 > 浜頓別町

納入事例

防犯照明

浜頓別町北海道枝幸郡浜頓別町

省エネに貢献するあかりで町の安全を守るLED防犯灯

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 軽量・コンパクトなレディオック ストリート 40VAは60000時間の長寿命でメンテナンスコストを大幅に削減できる。

施設概要

施主
浜頓別町
施工・電気工事
(有)松尾電気商会

竣工

2014年10月

浜頓別町は、日本最北端の稚内市をオホーツク海沿いに90km南下した北海道宗谷支庁南部に位置し、白鳥の湖・クッチャロ湖や秀峰・珠文岳、砂金公園などを有する、豊かな自然に恵まれた町です。漁業・酪農・林業商工業を主産業とし、東部に面したオホーツク海では、鮭・ホタテ・カニなどの水揚げがあります。

浜頓別町では、2014年10月、町内の防犯灯をLED防犯灯に改修する工事を実施しました。これまでは水銀ランプ80W、100Wを中心に使用していましたが、LED防犯灯レディオック ストリート 20VA、40VAに更新し、省エネ・電気料金の大幅削減を実現しました。設置後は住民の方々からの評判も良く、個人所有地の構内灯として、また駐車場の照明として使用したいとのお問い合わせをいただいています。60000時間の長寿命で省メンテナンスにも貢献するLEDが夜間も町並みを明るく照らし、安全・安心のあかりを灯しています。

主な納入器具

このページの先頭へ