Home > 納入事例 > 商業施設照明 眼鏡・貴金属 > イワキメガネ たまプラーザ東急店

納入事例

商業施設照明 眼鏡・貴金属

イワキメガネ たまプラーザ東急店神奈川県横浜市青葉区

ナチュラルで落ち着きのある店舗空間をLED照明で照らし、質の高い光環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 天然の木を使用している什器が高級感溢れる雰囲気を演出している店内を「レディオック LEDユニバーサルダウンライト」で照らし、商品を魅力的に見せている。

施設概要

施主
(株)イワキ
設計・施工
(株)ドド

竣工

2018年6月

お客様の声:(株)ドド/春名 保儀様

首都圏を中心に店舗を展開するメガネ・コンタクトレンズの専門店「イワキ」のたまプラーザ東急店が、2018年6月末にリニューアルオープンしました。東急田園都市線沿線でも特に人気の高い青葉区に位置するたまプラーザ駅前という立地にある商業施設に集うファミリーのために、カジュアルからフォーマル、エレガント、さらにキッズフレームなど幅広い商品を揃えていることを特長としています。

今回のリニューアルでは、上質なライフスタイルを楽しむ人々が暮らす街にふさわしい魅力的な店舗づくりを目指し、天然の木を用いた本物志向の什器を新たに配し、カーペットの色も茶系にするなど、洗練された雰囲気の中に温もりが感じられるナチュラルで落ち着きのある店舗空間に仕上げました。また、近隣に大型分譲マンションが出来、ペデストリアンデッキが再整備されたことに伴い、これまで什器で覆っていた店舗奥のペデストリアンデッキに面したガラス面を開放して最大限に生かし、日中は外光を採り入れることで奥行き感を生み出すとともに、日没後は照明に照らされた什器が浮かび上がり、行き交う人々の目に留まるような空間としました。窓の外に緑が広がり、開放的な雰囲気を演出しています。

店舗照明については、天井・間接照明ともにすべてLEDで構成し、改装店舗ということもあり極力天井に手を加えないよう、既存の開口径を生かして配灯計画を行いました。あえてベース照明(ダウンライト)は設置せず、JR12V50W~HID35W相当のLEDユニバーサルダウンライトで什器を照射することで、商品を際立たせながら、全体的な明るさ感を維持しています。色温度は基本的に電球色(3000K)を選定して温もりの感じられる空間とし、接客カウンターの上部のみ白色(4000K)を用いて商品の色合いがより鮮明に見えるよう配慮しました。たまプラーザ東急店内から駅方向へと続く2階の連絡口に近い好位置にある店舗をLEDの灯りで快適に照らし、高品質な照明環境を創出しています。

主な納入器具

このページの先頭へ