照明器具・照明分野

LED照明器具 LEDioc

LED誘導灯

設置義務拡大について

大規模・高層の防火対象物において
60分間タイプ誘導灯の設置義務拡大

  • ※60分間タイプとは、長時間定格形を表します。

火災や地震などの災害時に停電した場合、大型商業施設、高層ビル、地下街などでは屋外へ避難するための移動距離が長く、長時間を要することが考えられます。今回の消防法の改正では、このような大規模・高層施設に加え、不特定多数の人が利用する地下駅舎(乗降場、階段、通路など)が対象に追加され、既設を含む全ての防火対象物で60分タイプ(長時間タイプ)の誘導灯の設置が義務づけられました。

  • 〈改正〉平成21年9月30日 〈施行〉平成22年9月1日から

防火対象物

1.延べ面積5万m²以上


大型商業施設など

2.地階を除く階数が15階以上
かつ延べ面積3万m²以上


高層オフィスビルなど

3.延べ面積1,000m²以上の
地下街


地下街

4.地下駅舎追加
(乗降場、階段、通路など)


地下駅舎

改正点 1

60分間タイプの誘導灯の設置が必要な防火対象物に、地下駅舎(乗降場、階段、通路など)が加わりました。

60分間タイプの誘導灯の設置が必要な防火対象物
  1. 延べ面積5万m²以上
  2. 地階を除く階数が15階以上かつ延べ面積3万m²以上
  3. 延べ面積1,000m²以上の地下街

追加
消防庁または消防署長が避難上必要があると認めて指定した
  1. 地下駅舎(乗降場、階段、通路など)

改正点 2

対象外となっていた平成11年以前に設置された20分間タイプの誘導灯も、60分間タイプへの設置変更が義務づけられました。

既設の誘導灯についてのタイプ変更
現行
防火対象物 1・2・3
平成11年以前に設置(20分間タイプ可)
  • ※平成11年以降に設置のものは既に60分間タイプの設置が義務づけられています。
防火対象物 4(全て20分間タイプ)

施行後
防火対象物 1・2・3・4
全て60分間タイプの設置を義務づけ
  • ※高輝度蓄光式誘導標識を設置の場合は、通路誘導灯については20分間タイプ設置(のまま)でも可。
  • ※20分間タイプとは、長時間定格形ではない標準タイプを表しています。

PAGE TOP

LED誘導灯

このページの先頭へ