ライティング講座(照明講座)

照明関連設備の設計資料

配線設計 - 分岐過電流遮断器の容量の選定

内線規程では、分岐回路の負荷容量は、その分岐回路を保護する過電流遮断器の定格電流の80%を越えてはいけないと定めています。
過電流遮断器の容量を選定する際の電流値は、LED照明用電源装置の場合、入力電流最大値を使用します。
LEDランプ、LED照明器具を使用する場合、過電流遮断器の選定時には突入電流も考慮してください。突入電流最大値の合計と持続時間を、過電流遮断器の動作特性と比較して選定します。
複数の定格電圧を持つランプ、器具の場合、入力電圧に比例して突入電流も増加するため注意が必要です。

計算例

分岐回路に125W LED照明器具が10台接続され、突入電流がない場合

125W用電源装置の電流特性:
入力電流=0.69(A)(200V時)

負荷容量の算定には入力電流最大値を使用します。
0.69(A)×10(台)=6.9(A)

分岐回路の負荷容量は過電流遮断器の定格電流の80%を越えてはならないので
6.9(A)÷0.8=8.625(A)

よって、定格電流が直近上位の15(A)の容量の過電流遮断器を選定します。

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ