照明技術資料

照明関連の計算法

光束法による照度計算 - 実効反射率

図2.1に示すように室を天井空間、室空間、床空間の3つに分割して、器具吊り下げ長による誤差、作業面を床面としない場合の誤差を補正します。器具面を天井面、作業面を床面と仮想し、室空間の床面照明率を求めるために、器具面と作業面の実効反射率が必要となります。

ρceff
天井面実効反射率
ρw
壁面反射率
ρfeff
床面実効反射率

図2.1 ZCM(Zonal Cavity Method)法における室の3分割

表2.1 実効反射率(O'Brienの計算式による)
ρcまたはρf 80 70 50 30 10
ρw 70 50 30 70 50 30 70 50 30 70 50 30 70 50 30
天井または床空間係数
Kr
1 48 34 24 43 31 22 35 25 17 27 19 12 20 13 8
2 61 50 42 54 45 37 41 34 27 29 23 18 17 12 9
3 66 58 51 58 51 45 43 38 33 29 25 21 15 12 9
4 69 63 57 61 55 50 45 40 36 29 26 23 14 11 9
5 71 66 61 62 58 53 46 42 38 29 26 24 13 11 9
6 72 68 64 64 59 56 46 43 40 29 27 25 13 11 9
7 73 69 66 64 61 57 47 44 41 29 27 25 12 11 9
8 74 70 67 65 62 59 47 45 42 29 27 26 12 11 9
9 75 71 68 65 63 60 47 45 43 29 28 26 12 10 9
10 75 72 69 66 63 61 47 45 44 29 28 26 11 10 9
11 75 73 70 66 64 61 48 46 44 29 28 27 11 10 9
12 76 73 71 66 64 62 48 46 44 29 28 27 11 10 9
13 76 74 72 67 65 63 48 46 45 29 28 27 11 10 9
14 76 74 72 67 65 63 48 47 45 29 28 27 11 10 9
15 76 75 73 67 65 64 49 47 45 29 28 27 11 10 9
16 77 75 73 67 65 64 48 47 46 29 28 27 11 10 9
17 77 75 73 67 66 64 48 47 46 29 28 28 11 10 9
8 77 75 74 67 66 64 48 47 46 29 29 28 11 10 9
19 77 76 74 68 66 65 48 47 46 29 29 28 11 10 9
20 77 76 74 68 66 65 48 47 46 29 29 28 11 10 9
25 78 76 75 68 67 66 49 48 47 29 29 28 10 10 9
30 78 77 76 68 67 66 49 48 47 29 29 28 10 10 9

ρc:天井面反射率 ρf:床面反射率 ρw:壁面反射率

松浦氏の計算式

ここに

So
凹部開口面積
Sw
凹部内表面積
ρm'
Swの平均反射率

である。

短形室の場合(w=ℓ=1)

円筒室の場合(r=1)

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ