看板照明:ご提案例

ご提案例

看板照明

周囲の光環境とのバランスを考慮しながら照明計画を行うことで、省エネルギーなサイン照明を実現します。

周囲が明るい環境[サインA]

看板面平均照度:1150ℓx

背景輝度:50cd/m²




照明は半分でも同じ明るさを実現!

周囲が暗い環境[サインB]

看板面平均照度:550ℓx

背景輝度:2cd/m²

輝度分布画像

サインBは照度値をサインAの半分にしているため、輝度値も半分になります。

明るさ画像

サインA・Bどちらからも同等の明るさが得られていることが判ります。

目立ち画像

背景との対比によりサインAよりサインBのほうが、目立って見えていることが判ります。

視認性画像

解析結果

周囲が暗い環境では、少ない照明でも、看板照明に必要な明るさや目立ち度が十分に確保されていることが判ります。

QUAPIX活用によるメリット

  • 周囲環境を考慮しながら、最適な明るさの検討が出来ます。
  • 必要最小限の消費エネルギーに抑えられるため、無駄なコスト、CO₂排出量の削減が図れます。

光に関するお悩み、なんでもご相談ください。

光のプロが手掛ける光環境評価はお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。

このページの先頭へ